「洗髪は2日に1回」でサラサラツヤツヤなストレートヘアをキープ

自画自賛するようで恐縮ではございますが、よく周囲の方から「本当に綺麗な髪だね」ですとか「どんなトリートメント使ってるの」ですとか、そのような事を言われ続けて20年以上になります。
生まれもった有難い超ストレートの髪質と、ほとんど髪に手を加えずに生きてきたのが大きな理由だと思います。

髪に関してお褒めいただいたり、どうやってケアしているかと質問された時に私が決まって返している答えは「なんにもしてないよ」のひと言です。
そう言うと「またまたぁ」「うそ!絶対良いシャンプーとかトリートメント使ってるでしょ」と反撃されるのですが、本当に何もしていないのです。

私の祖母は美容師でした。
小さい頃から髪を切ってくれるのは祖母の役目で、私は祖母が引退するまで27年間、他人の美容室というものに足を踏み入れた事がありませんでした。
その祖母の教えが「髪は2日に1回洗えば十分!」というものでした。
「毎日ゴシゴシ洗っているとどんどん痛むし、今はシャンプーの質も上がってるんだから、洗髪は1日おきで十分!」と口癖のように言っていました。

「洗わない」というのは、つまり「何もしない」事です。
こんな楽なヘアケアはありません。
実行しないなんて選択肢はどこにも見当たりません。

そのようなわけで、私も含む我が家は全員、洗髪は2日1回のペースでおこなっています。
おかげで髪はいつでもツヤツヤ、サラサラな健康そのもの!
シャンプーは脂分を分解して落としてくれるものなので、サッパリするのですが、あまり脂を落としすぎてしまうとパサパサ、ゴワゴワした髪になってしまいます。
トリートメントなどで補正する方が多いと思いますが、化学薬品の一種と言っても過言ではないため、頭皮が痛み、抜け毛や白髪などにつながってしまいます。

ただ、1日おき洗髪にもコツというか、ポイントがあります。

夏などに汗をかいて、どうしても気持ちが悪い時は、ぬるめのお湯で軽く髪を流しながら、頭皮マッサージをしましょう。

脂っぽい体質の方、または小さい頃からの習慣でどうしても1日でも洗髪しないと気がすまないという方は、食酢でのマッサージ洗髪がおすすめです。
食用のお酢を少量手にとり、頭皮になじませるようにマッサージし、すぐにお湯で洗い流すとスッキリするはずです。

2日に1回の洗髪というズボラなヘアケアで、健康で綺麗な髪をキープするのはいかがでしょうか。